知ってて良かった!ヒアロディープパッチの副作用や危険な失敗について

知ってて良かった!ヒアロディープパッチの副作用や危険な失敗について

こんにちは、投稿者のHIROです(^^♪

 

雑誌やTVで話題沸騰の“刺すヒアルロン酸ヒアロディープパッチ”

ほうれい線や目元のしわでお悩みの方はとても気になる商品ですよね(^^♪

 

今回は「ヒアロディープパッチ」を安心して検討するべく、当商品の副作用や危険な失敗事例について報告していきます。

 

この記事で貴方の不安をスッキリ解消して、投稿者お勧めの「ヒアロディープパッチ」を前向きに検討して下さいね(^.^)/~

『ヒアロディープパッチ』公式ページはこちら(^^♪

◆ヒアロディープパッチがしわに効果がある仕組み◆

皮膚の保湿性を保ち肌に張りを与える成分として、ヒアルロン酸があります。

 

ところがヒアルロン酸は加齢により減少していく為、保湿性が保たれなくなった肌は徐々に乾燥していきます。

 

そして乾燥状態が続くと皮膚に「表情のクセ」が残るようになり、これが皺(しわ)になるのです。

 

ヒアロディープパッチは皺部分の角質層にヒアルロン酸を直接注入させる事により、肌の張りを取り戻します。

美容外科では、ヒアルロン酸の注入は多くの臨床現場で行われており、一過性の効果が確認されています。

◆ヒアルロン酸注入による人体への副作用はないのか◆

ヒアルロン酸の成分はアセチルグルコサミンとグルクロン酸が結合しあった糖です。

 

しかもヒアルロン酸は人間の体内に元々存在している成分なので、外部から注入されても一定期間経過すると吸収されてなくなってしまいます。

 

そういった理由から純粋なヒアルロン酸を使用している限り、注入よる副作用やアレルギーを引き起こすことは無いとの事です。

◆一般的に知られる危険、失敗とはどんな事なのか◆

美容業界でヒアルロン酸注入の失敗については成分の副作用やアレルギー反応ではなく、技術が未熟な施術による失敗です。

 

代表例が皺にそって均一にヒアルロン酸を注入しなかった事で、ヒアルロン酸が「だま玉」状になり肌がデコボコになる失敗。

 

もう一つ、もっとも怖い例を紹介します。

 

ヒアルロン酸注入により、しわ改善効果が最も期待できるのが「ほうれい線」と言われています。

 

ほうれい線の皮膚下には、小鼻に栄養を行き渡らせる為の動脈が枝状に存在しているのですが、その動脈に注入してしまい血液の流れを塞ぎ止める事で鼻の皮膚が壊死してしまう症例も報告されています(ToT)/

 

そういった事からヒアルロン酸注入の危険な失敗とは、何れも未熟な施術者による技術的な失敗によるものが殆どなのです。

◆まとめ◆

ヒアルロン酸注入は、肌の張りを取り戻す効果があります。

 

しかし均等間隔で同じ深さに注入する施術でないと、失敗するリスクがある事も事実です。

 

マイクロニードル技術で開発されたパッチであれば、そういった失敗リスクはありません(^^♪

しかも注射針を刺すわけではないので、感染アレルギーも心配する事はないですしね。

 

私はほうれい線の悩みを改善すべくこれまでいくつかのコスメを試してみましたが、ヒアロディープパッチはお勧めですよ。

話題の【ヒアロディープパッチ】ほうれい線への効果について特化記事 

この記事を読まれている貴方がヒアルロン酸による皺改善に興味を持たれているのであれば、一度試してみるべきです!(^^)!

『ヒアロディープパッチ』公式ページはこちら(^^♪